学会

第36回日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会総会 医工連携企画 出展企業募集(申込締切:2022/9/12)

      第36回 日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会総会

        医工連携企画 出展企業募集

          (2022年11月10日~12日)

近年、泌尿器科でも先端的低侵襲手術が広く普及しており、国産医療機器開発の視点からもそのニーズは極めて多くかつ広く存在しています。しかし、残念ながら、機器開発に寄与するプラットフォームの整備は十分とは言えず、これまでこれらの知識や情報を収集する場が存在しませんでした。このたび、植村天受会長のご高配により、引き続きニーズマッチングを目的とした技術展示を開催することとなりました。経験豊富な泌尿器科医が「ツアーコンダクター」となり、アイディアやニーズを持った泌尿器科医とともに展示ブースをまわる企画となります。

出展される企業様にとっては、貴社が持つ技術を、関心を持つ泌尿器科医へ向けてプレゼンする絶好の機会となります。企業と医師が活発な名刺交換、意見交換ができる場となるよう企画に工夫を凝らして参りたいと考えております。この泌尿器科領域の医工連携企画にご興味をお持ちの企業、団体様は、ぜひ出展の検討を賜れば幸いです。

    医工連携企画 展示・展示ブースツアー

大会名称:第36回日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会総会
大会テーマ:未来へと続くエンドウロロジーへの果てなき試み
       ―「恕」のこころをもって―

日時:2022年11月10日(木)~12日(土)
会場:神戸国際展示場
   〒650-0046 神戸市中央区港島中町6-11-1

参加者数:約2,000名
     医師、看護師、臨床工学技士、初期臨床研修医、学生等

展示ブース数:約30ブース
出展料金:55,000円

出展対象:高度なものづくり技術を有する中堅・中小企業・団体、
     または地域産業支援機関
展示物について:本展示は製品の展示ではなく、要素技術と医師ニーズの
       マッチングを目的としており、各企業の有する技術の紹介が
       展示の主旨となります。

申込み方法について:
第36回日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会総会運営事務局まで
申込書をメールに添付しご提出ください。
申込み締切日: 2022年9月12日(月)
申込フォームはこちら[wordフォームが開きます]

詳しくは大会HPをご覧ください
▽第36回日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会総会「医工連携企画ページへ

[申込・お問い合わせ先]
第36回日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会総会 運営事務局
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町2-1-25 JTBビル7階
株式会社JTBコミュニケーションデザイン 事業共創部 コンベンション第二事業局内
E-mail: jser2022-sponsor@jtbcom.co.jp

更新日:2022/05/02