学会

日本摂食嚥下リハビリテーション学会 パネルディスカッション「摂食嚥下のプロジェクトX」2018/9/9

日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会における、医工連携に関するパネルディスカッションのお知らせです。
摂食嚥下障害の評価と治療に関して、臨床で有用な機器を開発・商品化するため、医療側と企業側双方の視点で語る企画です。
嚥下障害は高齢化社会において、病院から在宅まであらゆる場面で対処が必要で、かつ生体内での精妙な機能であるために、技術の進歩が期待されています。
ご関心のある皆様方のご参加をお待ちしております。

◆日 時  2018年9月9日(日)8:50~9:55
◆会 場  仙台国際センター 大ホール(第3会場)
       →地図はこちら
◆主 催  日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術集会
◆参加費  パネルディスカッションへのお申し込みは不要ですが、
      学術集会への参加費が必要です。
      事前の参加登録(割引あり)についてはお申込みが開始しましたら、
      サイトをご案内します

◆座 長  藤谷 順子(国立国際医療研究センター)
◆演 者(五十音順)  
      越久 仁敬(兵庫医科大学生理学講座 生体機能部門)
      神谷 哲 (株式会社 明治)
      武田 博之(カレイド株式会社)
      豊田 耕一郎(株式会社ジェイ・エム・エス)
      原 陽介 (東北大学)
      道脇 幸博(武蔵野赤十字病院)
      吉田 光由(広島大学大学院)

▽チラシはこちら

更新日:2018/06/16