医工ネットワーク形式

TIK 第56回 医工連携による医療機器開発勉強会 2019/10/19

一般社団法人日本医工ものづくりコモンズが後援をしています「TIK 第56回 医工連携による医療機器開発勉強会」のご案内です。

「第56回TIK勉強会東京での第2回目を以下の要領で10月19日に開催しますのでぜひご参加ください。
東京都の産学連携事業の関係者もご参加されます。 特許庁の牧様は、知財の評価システム構築の推進者です。 多くのご参加お待ちしております。
今回は東京でのオープン会です。 あたらしい切り口でやります。 参加費は無料、予約も必要ありませんので社内外を問わず興味をお持ちの方にお声掛けください。
終了後には懇親会を予定しております。よろしくおねがいいたします。 」

■第56回 TIK(Team in Kyoto)勉強会in東京
■ 日 時 2019年10月19日(土)9:15開始(受付は9:00~)12:30終了予定
■ 場 所 日本橋ライフサイエンスHUB A会議室
     東京都中央区日本橋室町1-5-5(室町ちばぎん三井ビルオフィス棟8階)
      アクセス   地図はこちら
      ・東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅より直結
      *COREDO室町3の地下入口を入り、エスカレーターで1階へ
      ・JR総武線、京浜東北線、中央快速線「神田」駅南口より徒歩9分
      ・JR山手線、京浜東北線、中央快速線「東京」駅日本橋口より徒歩9分
■ プログラム
1) 「ミラー鉗子の現状と展望 課題」
 ハリキ精工株式会社
代表取締役 榛木竜氏

2)「エタノール放出発熱ポリマーによる
 微小肺癌のMRIガイド下注入硬化治療法の開発」
 京都府立医科大学 呼吸器外科
 病院教授 島田順一

3)「非磁性材料の現状と展望」
 日本冶金工業株式会社 ソリューション営業部
 部長 大森勉氏

4)「非磁性の医療の世界」
 株式会社ベアーメディック
 専務取締役 町野浩史氏

5)「東京で賢く進めるMedtech ~HUBを使おう、Zoomを使おう~」 
 日本医工ものづくりコモンズ 専務理事
 東京都医工連携HUB機構 プロジェクトマネージャー
 柏野聡彦氏

6)「『最強』の医工連携ではなく、『無敵』の医工連携のススメ
 世界で勝つべくして勝つための知財の考え方・マインドセット」 
 特許庁 審判部第3部門
 審判官 牧隆志氏

■ 懇親会
勉強会後に設けます。会費は5000円です。
懇親会の出席は当日も受け付けますがご参加いただける方は
なるべく伝助にご登録ください。
会場は講演会場近くのイタリアンレストランです。
伝助への出欠連絡をお願いします。

TIK(Team In KYOTO)  :TIK(Team In KYOTO)は、国際戦略総合特区事業として財政支援措置の認定を受けた「多孔質高分子樹脂を用いた低侵襲手術における剥離機器の開発・改良」(H25 年~)や、 平成26 年度に京都府「地域産業育成産学連携推進事業」の採択を受けた「高出力小型コードレス超音波凝固装置の開発」などについて、取り組んできた京都の中小企業が中心となって、 平成27 年9 月に設立。参加企業の強みを活かして、今後、国際市場への展開も視野に入れた「売れる」先端的医療・福祉機器の開発を目指し、活動を本格的に開始しております。設立時は13社で2019年3月現在 加盟22社で NDAのなかで 通常会では、ビジネスに直結する交流活動を行っています。

WEBページはこちら

更新日:2019/10/10