北島理事長挨拶

「ベッドサイドから医療ニーズを掘り起こす」ために

kitajima 現在は、低侵襲医療や個別化医療の進展による医療イノベーションが進行している時代と言えます。そのためには、医療現場のニーズと先端的な工業技術とが融合することが必須です。
私が1970年代に留学していました米国のマサチューセッツ総合病院(MGH)では、近隣のマサチューセッツ工科大学(MIT)と緊密に連携して、新しい医療を創造していました。まさに医工連携による成果です。残念ながら我が国では、医療分野と工学工業分野との連携が十分でなく、結果として日本の医療産業の規模は大きくありません。
政府が進めている医療イノベーションを達成するためには、ベッドサイドから医療ニーズを掘り起こし、先端的な技術シーズとマッチングさせることが必要です。そこで、医学系と工学系の学会の連携により医療現場とものづくり現場とを融合するプラットフォームの形成を目的として、2009年11月に「日本医工ものづくりコモンズ」を設立し、これまで医工連携に関する活動を行って参りました。今後、コモンズの活動をさらに発展させるためには、組織基盤を堅固にすることが必要と考えられますので、「一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ」を設立致しました。まさにコモンズは、学会連携の横断的ネットワークによる医学と工学、さらに産官学の情報共有地となり、将来この共有地から国際的に競争力を有する医療産業が創成されることを目指しています。
是非とも多くの医学系や工学系、さらに産業界や官界の皆様がコモンズにご参加頂いて、高品質で安全な医療技術を患者さんに届けることができるようにしたいと願っております。コモンズへのご参加を心よりお待ち申し上げます。

一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ 理事長
国際医療福祉大学 名誉学長
北島 政樹

私の医歴書◆北島政樹・慶應義塾大学名誉教授